高反発マットレスのサイズ

夜の眠りは思っている以上に心身への健康に大きな影響を与えており、寝具はその人の暮らしに合ったものを選ぶことが重要です。ベッドの大きさ同様マットレスのサイズも、現在のライフスタイルに合わせて選択をします。

 

シングルサイズ

幅98cmは一人分の6畳くらいの大きさがありますので、一人部屋にぴったりなシングルです。シングルといっても小柄女子向けではなく、男性でもOKな大きさになります。寝がえりまで考えるのであれば幅は70cm以上は欲しいところであり、狭小住宅に良い小さめ設計なのがセミシングルです。女性部屋にも良いですし、子供のための寝具としてもマッチします。

  • シングルサイズは、一人用
  • 女性も使えるサイズ
  • コンパクトで省スペース

 

セミダブル

セミダブルになると幅は120cmになりますので、室内の広さ的に6畳以上の広さがあるならこのサイズです。2人で使うこともできますが、少しだけゆとりがあるので1人で広々と眠るのに向いています。

  • 体の大きな人に向いている
  • ゆとりのある大き目のサイズ

 

ダブルサイズ

幅が140cmにもなるとダブルになりますが、かなりゆとりある大きさです。リッチなホテルでも採用される大きさになり、1人で優雅に使っても良いですし、2人で利用するにも向いています。ラグジュアリーな高級ホテルの中で、さらにスイートルームに導入をされるのが幅が160cmのクイーンです。大きさがあるだけにそれなりの空間が必要であり、2人で寝ても1人1人のスペースは余裕で確保できます。

  • 2人でも使える大きさ
  • 1人で使うのは勿体ない

 

その他のサイズ

さらに上を行くのがキングであり、幅は180cmと名前通りの余裕とゆとりで最高の眠りが約束されている対報です。夫婦だけで使うのも良いですが、余裕があるだけに子供も1人一緒に寝ても問題はありません。部屋に合わせたベッドをおくことと、それに合わせたマットレスを使うことが良い睡眠につながるコツです。

部屋の広さ一杯に置くのは窮屈さを感じさせるおで、60cmほどの人が歩けるスペースをベッド周りには設けます。出入り口の用意を慕うスペース的には、目安は50cm以上と決めておくことです。ヘッドボードがないタイプであれば、ナイトテーブルがあると重宝をします。

 

マットレスのサイズ目安表

シングルサイズ 横幅90センチ以上
セミダブルサイズ 横幅120センチ以上
ダブルサイズ 横幅140センチ以上