高反発マットレスの硬さ・厚さ・密度

 

マットレスの硬さ

ウレタンの硬さは、N(ニュートン値)で表記されます。例えば、110N、75Nなどです。数字が大きければ、硬いということになります。1N(ニュートン)は、質量100グラムに掛かる重力の大きさのことです。
ニュートン値 荷重量 硬さ
200N 20Kg重 かなり硬い
110N 11Kg重 まずまず硬い
75N 7.5Kg重 柔らかい
50N 5.0Kg重 とても柔らかい

N(ニュートン値)というのは、専門用語なので、少し判り難いです。簡単に言ってしまえば、ウレタンを押し込んで、一定の深さまで沈み込ませるために必要となる重さ、または力と理解した方が判りやすいです。200Nのように硬ければ、ウレタンを沈み込ませるために、強い力が必要であり、重い物体でも沈み込み難いということになります。これが、ウレタンの反発力につながるということです。これこそが、マットレスに使用しているウレタンの硬さに関する口コミです。

ですから、N(ニュートン値)の数字が大きい方が、硬くて、寝ている時に身体が沈み込み難いということになり、腰周りや肩周りなど、身体の一部に負担が掛からり難いですよという意味なのです。高反発マットレスに分類されるマットレスの殆どは、N(ニュートン値)の数値が大きいマットレスが多いです。

N(ニュートン値)の数字が大きい

  • 硬い
  • 身体が沈み込み難い
  • 反発が強い
N(ニュートン値)の数字が小さい

  • 柔らかい
  • 身体が沈みやすい
  • 反発が弱い
ウレタンの硬さ
ウレタンの硬さを表すのはN(ニュートン値)、数字が大きい方が硬くて、重い荷重を与えなければ、沈み込み難い。

 

マットレスの密度

ウレタンは、硬さだけではなく、密度も重要です。これは、ウレタンのヘタリ具合に大きく関ってきます。密度は、1メートル四方の立方体(Kg/m3)あたりの重さを表しています。ちなみに、密度をアルファベットのD(ディー)で表記することも多いです。これは、密度は、Densityですから、頭文字をとって、D(ディー)で表記します。
例)密度が30の場合
30D=密度30Kg/m3 ということになります。

密度は、数字が大きい方が、密度が高いということになります。ウレタンが詰まっていると考えても良いでしょう。上述した、キッチンスポンジもウレタンの一種ですが、キッチンスポンジの密度は高いでしょうか?低いでしょうか?答えは簡単ですね。密度は低いということになります。すぐに潰れてしまうからです。ウレタンの密度は、マットレスの潰れやすさに関わってきます。言葉をかえると、ヘタリやすさです。このようなウレタンの密度に関する口コミ情報を知っておくことが大切です。

ウレタンの密度が低いマットレス
価格が安い ヘタリやすい 長持ちしない
ウレタンの密度が高いマットレス
価格が高い ヘタリ難い 長持ちする

また、ウレタンの密度とN(ニュートン値)は、比例しませんので注意して下さい。判りやすく言いますと、N(ニュートン値)の数字が大きいから密度が高い訳ではないということです。

簡単な見分け方で判別
簡単な見分け方としては、同じサイズのマットレスを比較して、重い方がウレタンの密度が高いということになります。

 

ウレタンの密度と価格は比例する

ウレタンの密度を高めると、長持ちします。もう少し、つっこんで言うと、高密度のウレタンを使用したマットレスは、耐久性に優れています。そして、もうひとつ言っておきますと、高密度のウレタンを使用した、マットレスの価格は高いです。つまり、ウレタンの密度を高めると、耐久性に優れて、値段が高くなるということです。これは、ウレタンの品質が高くなりますから、値段も高くなるということです。逆に考えると、ウレタンを使用したマットレスで値段が高い場合は、高密度で高品質なウレタンを使用している場合が殆どであるということです。この辺りも、覚えておくと、マットレス選びの知識アップに繋がるはずです。
ウレタンの密度が高い

  • 価格が高くなる
  • マットレスの耐久性がアップする

 

高反発マットレスの厚さ

マットレスの厚さも色々とありますが、どれくらいの厚さが良いのか判断できない人は少なくありません。高反発マットレスと名付けられており、ウレタンを使用しているマットレスの適度な厚さを説明します。マットレスの厚さによって使い方が変わってきます。例えば、厚みがあれば、そのマットレス1枚を敷くだけで、底付きせずに快適に使えます。厚さが薄ければ、底付きしてしまって、殆ど眠れません。というよりも、身体が痛くて無理です。マットレスの適度な厚さを説明していきます。

 

マットレスの厚さ 5センチ以下

厚さ5センチ以下は、マットレス1枚で使用することは、殆ど無理です。底付きしてしまって、身体が痛くなってしまって眠れません。マットレスに厚みが無い場合は、既に手持ちの敷布団などの上に重ねて使用することを前提と考えることがありますので、重ね敷き用として考えた方が無難です。
薄いマットレス
重ね敷き用のマットレスと考えた方が良いです。薄いマットレス1枚では、底付きしてしまって、眠ることができません。

 

マットレスの厚さ 5センチ以上~

厚さが5センチ以上あれば、底付きしません。といっても、6センチなら大丈夫という訳ではありませんので、厚さ7センチ、8センチくらいのマットレスを選ぶのが賢明です。厚さのあるマットレスは、そのマットレス1枚を敷くだけで、底付きしませんし、マットレス1枚だけで十分に眠ることができます。
厚みのあるマットレス
厚みのあるマットレスは、そのマットレス1枚でも十分に使えます。できれば、8センチ前後くらいのマットレスを選ぶのが安全です。

 

高反発マットレスの厚さによる使い方の違い

高反発マットレスには、様々な厚みのマットレスがあります。厚さのよって使い方が異なります。そのことを理解していないと、買って失敗ということになりかねませんので、注意して下さい。こちらのページでは、ウレタンフォームを使用したマットレスの厚さの違いによる使い方の説明をしていますので、参考にしてください。

マットレスの厚さが5センチくらいまで

厚さ5センチくらいまでのマットレスは重ね敷きが良い

厚さが5センチまでのマットレスは、ベッドマットレスや敷布団の上に敷いて使うことが前提となっています。重ね敷きをして使うということです。価格の安いマットレスの場合、厚さが3センチ、4センチというのがあります。そのようなマットレスは、それ1枚で使うことは厳しいです。
底付きに注意
マットレスの厚さが5センチ未満、または5センチ以内の場合は、そのマットレス1枚で使用することは難しいです。というよりも、底付きしてしまいますので、身体が痛くて眠れないということが殆どです。厚さのないマットレスの場合は、ベッドマットレスや敷布団の上に重ねて敷いて使うと良いです。

 

マットレスの厚さが5センチ以上

厚さ5センチ以上あれば、なんとかマットレス1枚で使えるかも

厚さが5センチ以上、8センチ前後の場合は、そのマットレス1枚で使用することができます。ですが、経年劣化により、底付きしてしまうことがありますので、注意して下さい。
メーカーによっては重ね敷きを推奨している
厚さ8センチ前後のマットレスでも、体重のある人が横になると、底付きしてしまうことがあります。ですから、メーカーによっては、8センチ前後のマットレスでも、ベッドマットレスや敷布団の上に敷くことを推奨していることもあります。

 

マットレスの厚さ12センチ以上

厚さ8センチ以上あれば、マットレス1枚で十分使える

マットレスの厚さが12センチ以上ある場合は、そのマットレス1枚で十分に使えます。フローリングに直接敷いても底付きせずに使うことができます。
1枚で使うには厚いマットレスがおすすめ!
マットレス1枚だけで使いたい場合は、厚さのあるマットレスを選ぶと良いです。5センチ以上でも良いのですが、できれば、8センチ以上、それ以上に厚さのあるマットレスであれば、安心できます。

 

高反発マットレスと低反発マットレスの違い

マットレスには、高反発と低反発がありますが、どのように違うのか説明をします。基本的には、マットレスに使用されている、ウレタンフォームの硬さ(反発)が異なります。その硬さは、ニュートン値で表現されます。硬い方が、反発が強く、高反発です。柔らかい方が、反発が弱く、低反発とされています。

高反発マットレス

ウレタンが硬く、寝ると身体が沈み難いです。反発力が強く、すばやく復元するという特質があります。
寝返りがうちやすいです。
高反発マットレスのニュートン値目安
ニュートン値は、110N以上が目安となります。

低反発マットレス

ウレタンが柔らかく、寝ると身体が沈みます。反発力が弱く、ゆっくりと復元するという特質があります。
寝返りがうちにくいです。
低反発マットレスのニュートン値目安
ニュートン値は、75N以下が目安となります。

ウレタンフォーム 硬さの目安

何度か説明をしていますが、マットレスの硬さは、ウレタンの硬さであり、ニュートン値で表記されます。消費者庁にウレタンフォームの定義がありましたので、ばっすいさせて頂きました。如何、ウレタンの硬さの目安となる表です。硬さを知るための参考にしてみて下さい。

ニュートン値 かたさ
110ニュートン(11重量kg)以上 かため
75ニュートン(7.5重量kg)以上
110ニュートン(11重量kg)未満
ふつう
75ニュートン(7.5重量kg)未満 やわらかめ

雲のやすらぎ プレミアム

 

 

雲のやすらぎ プレミアムとは?

雲のやすらぎ敷布団は、シングルサイズで軽量なマットレス、敷布団です。睡眠時には、腰の負担が大きくなります。体圧を点で分散させることにより、腰、首、肩の負担を軽減できるという優れものです。凹凸アルファマットと高反発スプリングマットの相乗効果により、心地よい反発で、身体の沈み込みを防いで、腰の痛みの無い快眠ができます。

睡眠時は、体の重い部位に多くの負荷がかかってしまいます。例えば、男性の場合、頭に肩部に約30%、腰部に約40%もの体圧がかかると言われています。これが、例えば柔らかすぎる敷布団で寝た場合、沈み込みすぎるため、腰により大きな負荷がかかってしまい腰の痛みの原因になることがあります。つまり、適度な反発で体圧を分散させることが、睡眠時の各部位の負担を軽減させるうえで重要になります。さらに、多くの敷布団は表面が平らな素材を使用しておりますが、もっと理想的なものは、表面を均一に凸凹とした形状にし、表面の点で体を支えることで、体全体の体圧を均等に逃すことです。生活の三分の一は睡眠で占めています。毎日の睡眠時に腰への負担を軽減できるのは、雲の安らぎ です。

ページ上に戻る

 

 

雲のやすらぎプレミアムの良い点

高反発スプリングマットを使用している
雲のやすらぎプレミアムに使用されているのは、高反発スプリングマットを使用しています。高級ホテルなどで使われているマットレスに近い高級感のある反発が得られるようになっており、癒されるように眠ることができます。
凹凸アルファマットを使用
凹凸アルファマットは、表面が凹凸となったマットを使用しており、体の沈み込みを点で支えて、体圧を分散できるような構造となっています。また、見掛け密度の高いウレタンを使用しており、身体の沈み込みを抑えられるようになっています。ウレタン自体も良質です。
高反発スプリングマットと凹凸アルファマットの相乗効果による高反発
高反発スプリングマットと凹凸アルファマットの相乗効果により反発が得られるので、柔らかさと硬さを兼ね備えたマットレスとなっています。
日本国内製造で信頼の品質
雲のやすらぎプレミアムは、日本国内でつくられているので、品質に関しては、信頼と安心があります。

 

雲のやすらぎプレミアムは、お相撲さんも使ってる

雲のやすらぎプレミアムは、お相撲さんも使ってます。九重部屋千代丸関も使っています。つまり、お相撲さんが使っても、ヘタらない丈夫でマットレスであり、超高反発なマットレスになっているということです。併せて、体重が100キロ超えの人でも、快適に眠ることができる、マットレスということです。

九重部屋の千代丸関も絶賛 雲のやすらぎプレミアム 紹介動画

ページ上に戻る

 

 

体圧分散

体圧分散

高級マットレスの紹介で使用される言葉の中に、体圧分散 という言葉が出てくることがあります。体圧分散の意味を深く理解することで、高級マットレスの良さも理解できます。また、人が眠るには体圧分散のマットレスが必要になるということも理解できますし、腰の痛みを予防することができることから、腰の痛み対策マットレスと呼ばれることもあります。

雲のやすらぎ は 腰の痛み対策、肩と腰に優しい敷布団です。寝ているときくらいは、腰や肩への負担が減らせると良いですね。

体圧分散とは、仰向けに寝転がった時に、背中、肩甲骨、腰周りに体重負荷が掛かります。この負荷が圧力です。圧力を分散させることができれば、身体の一部だけに負荷を掛けることを防ぐことができます。

人間の身体はS字カーブ

人間の体というのは、真っ直ぐのように思われますが、少しS字となっています。肩甲骨、腰周り、お尻の部分が少し出ている状態となっています。その、出ている部分に圧力が掛かります。すると、腰が痛くなってしまいます。

圧力が掛かってしまうと、首、肩、腰にも負担が発生します。その様に、体の一部に負荷が掛かることで、他の部位に影響を及ぼしてしまい、肩凝り、腰が痛くなってしまうことがあります。そして、腰の痛みや体の違和感により、快眠ができなくなってしまうことがあります。

柔らかなマットレスの場合は、肩甲骨、お尻などの体の出ている、特定の部位に圧力が発生するために、体がマットレスに沈みこんでしまいます。

ページ上に戻る

 

 

高反発マットレス・低反発マットレス / 体圧分散マットレス

高反発マットレス・低反発マットレスの殆どは、耐圧分散マットレスとも呼ばれています。その理由としては、仰向けに寝たときの耐圧を、体の一部だけに耐圧を発生させるのではなく、体全体 均等に耐圧を分散させることができるからです。そのためには柔らか過ぎるマットレスでもいけませんし、硬いマットレスでも良くありません。適度な弾力、反発力を維持し、圧力を効率よく分散させることが必要となります。

耐圧分散は、仰向けに寝たときの圧力を体全体均等に分散をさせることです。その仕組みを取り入れたマットレスが、高反発マットレス・低反発マットレス / 体圧分散マットレス と呼ばれており、肩凝り予防、熟睡効果、快眠効果があるとされています。

ページ上に戻る

 

 

雲のやすらぎ 口コミ / 使い始めてゴルフの調子が良い

私は、もともとスポーツが大好きで、ゴルフをよくします。ゴルフをした後は、どうしても腰が痛くなりがちです。調子の悪いときは、腰だけではなく、背中や肩なども痛くなることもあります。ゴルフは腕を使うのではなくて、背中や腰回りの筋肉を使ってゴルフクラブを振るからです。ゴルフ場併設のマッサージルームで、体をほぐしても痛みが取れませんでした。ゴルフ場から家路に向かうのも億劫でした。腰や肩が痛いと、なぜか首も痛くなり、頭痛まではじまってしまうということもありました。筋肉が緊張して固まってしまっているのだと、マッサージの先生に言われました。

そういった日は、お風呂に入ってすぐに寝るようにしているのですが、眠れないのです。腰が痛くて眠れないのです。寝返りをうっても、腰が痛くない姿勢が定まらないことが多く、けっきょく朝方まで布団のなかで、モソモソとしていたいうこともあります。朝起きれば、寝不足と腰の痛みでとても憂鬱な一日が始まることもありました。

最近は、雲のやすらぎ という敷布団に出会いました。敷布団といっても、高反発ウレタンでできているので、反発が高くて、体が下から抑えられているような感覚がします。寝ているときは、腰に負荷がかかるのですが、雲の安らぎを使っているときは、腰に負荷がありませんので不思議です。きっと、高反発ウレタンが効いているのだろうと思います。

今までは、ゴルフに行ったら、一週間ほどは腰が痛くて、ゴルフができないような状態でしたが、雲のやすらぎを使い始めてからは、短期間で腰の痛みが治まりました。ゴルフで緊張した筋肉が固まっても、雲のやすらぎで寝ていると、自然と体のチカラが抜けて、筋肉の緊張が和らいでいくようです。結果的に腰の痛みが軽減されるようになりました。

また、私の傾向としては、腰が痛いときは背中にもチカラが入ってしまい、寝ているときには歯ぎしりをしているようです。寝ているのに体にチカラが入ってしまって、その影響で歯切りしもしていたのだろうと思います。

ゴルフをした後は、疲労もあるでしょうし、筋肉痛もあると思います。ゴルフで酷使した筋肉が硬直して腰の痛みとなっていたようです。そして、反発の無い布団で寝ていたので、余計に腰や背中に負荷がかかってしまて、痛みを増幅させていたようです。

ページ上に戻る

 

 

寝ている時も腰を伸ばす

寝ている時も腰を伸ばすには、高反発マットレスがおすすめです。マットレスの反発により、体の沈み込みを抑えてくれますし、腰周りや肩を下から押してくれている感覚があり、体の一部だけに負担が掛かりません。寝ているときでも、腰周りを伸ばしておくことができるので、腰の痛みを和らげてくれます。

これこそ、適切な寝姿勢で快眠できるということです。

また、高反発マットレスは、その名の通り反発力がありますので、寝返りもしやすいという特徴があります。体の重さと反動で寝返りすることができるので、とても楽なのです。

雲の安らぎプレミアムは、凹凸アルファマットと高反発スプリングマットを使用してリ、まるでコイルを使用しているような反発力が得られるようになっています。高級ホテルなどで使用されているマットレスもウレタンとコイルが使用されているタイプが殆どです。雲のやすらぎプレミアムは、高級ホテルで使用されているマットレスに近い、高反発が得られるということです。

ウレタンを1枚だけを使用したマットレスではなくて、凹凸アルファマットと高反発スプリングマットを使用することで、柔らかさと反発力が得られるような構造となっており、これこそが雲のやすらぎプレミアムの特長です。

以前は、高反発マットレスといえば、ウレタンだけが使われているタイプで良いのだろうと思っていましたが、雲のやすらぎプレミアムを使い始めてから、複合的な素材を使用しているマットレスが良いということを知りました。何事も、経験をしてみないと判らないものだと実感しました。

雲のやすらぎは、背中が痛くならない

薄いマットレス、薄い敷布団などは、底付きしてしまい、寝ているときに背中が痛くなってしまいます。雲のやすらぎプレミアムは、厚さが17センチもありますので底付きしません。ですから、背中を痛めることなく、快適に眠れます。

ページ上に戻る

 

 

その他、雲のやすらぎプレミアム 口コミ情報

知らないメーカーだったけど、品質抜群! 反発力あるし! 価格は手頃だけど、なんか高級感がある。しかも、春夏秋冬使えるし、反発も適度にあるし、快適な睡眠ができます。

ネットで調べていたら、価格も手軽で、品質が良さそうだったので買ってみました。実際に良い感じです。硬さもピッタリでした!

仕事はデスクワークが多いので、寝る時はやっぱり身体全体を伸ばせて、身体に負担の無いように眠りたいということから、雲の安らぎにしました。ネットでも評判が良いし、何気にクオリティーが高いっす!

寝ているときも姿勢を正したいと思って、購入しました。けっこう寝心地が良いのでオススメです

雲のやすらぎ 怪しい? 口コミ

雲のやすらぎは怪しくありません。もともと、13層やすらぎマットレスを販売していました。販売会社は、東京のイッティです。美容、健康関連の企業です。某タレントとのタイアップでストレッチ器具を販売しています。全く怪しくありませんし、販売されている商品も信頼度が高いです。

 

ページ上に戻る

 

 

10万円もするマットレスよりも良い

10万円もするようなマットレスを使っているというゴルフ仲間が居ますが、本当にそんなに高価で高級なマットレスが必要なのかは、判りません。ただ、本人が寝心地が良い、腰の痛みが和らいだというのであれば、良いと思います。

高価なマットレスであれば、寝心地が良いとは言い切れないと思います。使用されている素材、反発力、ウレタンの見掛け密度などなど、様々な要素がありますから、自分の体にピッタリなマットレスを見つけるのは難しいからです。

雲のやすらぎプレミアムの価格は、けっこう購入しやす価格です。セミダブルで49,800円です。反発力抜群で、通気性もあり、快眠できるマットレスです。

ページ上に戻る

 

 

雲のやすらぎプレミアムの特長

雲のやすらぎプレミアムの特長を判りやすくまとめましたので、参考にしてください。

5層構造
表面にロレーヌダウン(フランス産羊毛)とマイティトップⅡを使用して、凹凸アルファマットと高反発スプリングマットを挟み込んだ構造となっています。
厚さ17センチ
厚さは快適な17センチとなっており、長年使用していても、ヘタリ知らずです。
高反発スプリングマット
反発力に優れている、高反発マットレスを使用しています。
新クロスクラウド製法
体圧を点で支えて、高反発スプリングと凹凸アルファマットで体圧を分散します。
通気性抜群
丸洗いできないことを考慮して、通気性が抜群となっています。
日本国内工場で製造
日本国内で製造されていますので、品質の信頼度が高く、安心できます。

ページ上に戻る

 

 

雲のやすらぎプレミアム 価格とサイズ

価格は税込み価格となります。

ラインナップ 幅・長さ・厚み 税込み価格
シングルサイズ 100cm・200cm・17cm 39,800円
セミダブルサイズ 120cm・200cm・17cm 49,800円
ダブルサイズ 140cm・200cm・17cm 59,800円

雲のやすらぎプレミアム|購入はコチラ

ページ上に戻る

高反発マットレスのサイズ

夜の眠りは思っている以上に心身への健康に大きな影響を与えており、寝具はその人の暮らしに合ったものを選ぶことが重要です。ベッドの大きさ同様マットレスのサイズも、現在のライフスタイルに合わせて選択をします。

 

シングルサイズ

幅98cmは一人分の6畳くらいの大きさがありますので、一人部屋にぴったりなシングルです。シングルといっても小柄女子向けではなく、男性でもOKな大きさになります。寝がえりまで考えるのであれば幅は70cm以上は欲しいところであり、狭小住宅に良い小さめ設計なのがセミシングルです。女性部屋にも良いですし、子供のための寝具としてもマッチします。

  • シングルサイズは、一人用
  • 女性も使えるサイズ
  • コンパクトで省スペース

 

セミダブル

セミダブルになると幅は120cmになりますので、室内の広さ的に6畳以上の広さがあるならこのサイズです。2人で使うこともできますが、少しだけゆとりがあるので1人で広々と眠るのに向いています。

  • 体の大きな人に向いている
  • ゆとりのある大き目のサイズ

 

ダブルサイズ

幅が140cmにもなるとダブルになりますが、かなりゆとりある大きさです。リッチなホテルでも採用される大きさになり、1人で優雅に使っても良いですし、2人で利用するにも向いています。ラグジュアリーな高級ホテルの中で、さらにスイートルームに導入をされるのが幅が160cmのクイーンです。大きさがあるだけにそれなりの空間が必要であり、2人で寝ても1人1人のスペースは余裕で確保できます。

  • 2人でも使える大きさ
  • 1人で使うのは勿体ない

 

その他のサイズ

さらに上を行くのがキングであり、幅は180cmと名前通りの余裕とゆとりで最高の眠りが約束されている対報です。夫婦だけで使うのも良いですが、余裕があるだけに子供も1人一緒に寝ても問題はありません。部屋に合わせたベッドをおくことと、それに合わせたマットレスを使うことが良い睡眠につながるコツです。

部屋の広さ一杯に置くのは窮屈さを感じさせるおで、60cmほどの人が歩けるスペースをベッド周りには設けます。出入り口の用意を慕うスペース的には、目安は50cm以上と決めておくことです。ヘッドボードがないタイプであれば、ナイトテーブルがあると重宝をします。

 

マットレスのサイズ目安表

シングルサイズ 横幅90センチ以上
セミダブルサイズ 横幅120センチ以上
ダブルサイズ 横幅140センチ以上